プリンセスアンダー,口コミ

デリケートゾーンが匂う4つの原因

 

デリケートゾーンが匂う原因には4つの原因が考えられます。

 

石鹸やサプリメントなどを使ってケアしていても、なかなかデリケートゾーンの匂いが改善されない方は是非ご覧ください。

 

 

汗をかいても常にケアすることができない

 

 

 

あまり知られてないですが、1日にかく汗の量はなんと1リットルになります。

 

真夏の暑い日や激しいスポーツをした時などは1日3リットルにおよぶことも・・・。

 

汗が出る汗腺は2種類あり、アポクリン腺はデリケートゾーンや、脇、耳、乳輪部に存在する汗腺で、分泌される汗も最初はほぼ無臭ですが、脂肪や尿素、アンモニアなどが多く含まれている為すぐに独特の臭いを放ちます。

 

エクリン腺から出る汗は、99%以上が水分でほぼ無臭ですが雑菌が繁殖することで嫌な悪臭を発生させます。

 

ショーツの中は通気性が悪く 高温多湿なため、雑菌が増殖するには格好の場所なんです・・・。

 

汗、おりもの、尿、垢、経血など格好のエサとなり、当然ムレて雑菌臭を発生します。

 

入浴時のみ汗を洗い流したところで、残念ですが汗は1日中出てきてしまうもの。

 

デリケートゾーンは臭いの発生条件をみごとに兼ね備えている場所なため、2種類の汗を常に解消しなければ当然臭いも解消されません。

 

 

洗うと乾燥を引き起こしてしまう

 

 

 

瞬間的に効果があっても、従来の石鹸やスプレー商品を使って時間が経つとすぐに臭いが発生してしまうのは、使えば使うほどデリケートゾーン周りの肌を乾燥させてしまうからです。

 

皮膚は乾燥すると肌を守るために余計に「汗」「皮脂」を出す働きをするため、臭いをさらに増加させてしまうのです。

 

 

体内環境による臭いの原因を防ぐのには限界がある

 

 

 

ストレスや過労が溜れば肝機能が低下しアンモニア臭や乳酸臭が・・・、

 

腸内環境が悪化すれば悪玉菌による腐敗臭が・・・、

 

などなど、体内環境による様々な悪臭要素は沢山潜んでいます。

 

女性なら誰もが避けられない生理やホルモンバランスの乱れ、更年期障害、更にはダイエットなど女性に産まれてきた私たちの身近な事でニオイリスクは日々向上しています。

 

また食生活でも、脂質やタンパク質、飲酒、たばこ、刺激物、ニオイの強い野菜などの多量摂取は体臭へとつながります。

 

体内環境による臭い発生要素は沢山ありすぎるため、従来のサプリ系商品では残念ながらすべての臭いに作用させ、生活環境や食事を気遣いながらすべての体内環境による臭いを防ぐのは非常に至難の業です。

 

 

悪臭はアンダーヘアに溜まってしまう

 

 

 

髪の毛に焼肉やたばこのニオイが1度付くとなかなか取れなくて気になったことありませんか?

 

アンダーヘアーはもともと子孫繁栄の為に、フェロモンを含んだ汗と尿を多く蓄えることが出来るよう、断面は楕円で縮れ、表面積は広く、臭いを貯めやすい構造になっているため、髪の毛以上にニオイを吸収してしまうのです!!

 

だからといってアンダーヘアーを全部なくすのはよろしくありません。

 

アンダーヘアーには感染を防いだり、体温を調整したり、クッションの役割も果たしています。

 

アンダーヘアーのお手入れで1番いいのは、IラインOラインは、生理時にきちんと拭ききれなかったりするので衛生的になくした方がいいですが、Vラインは下着に合わせて少し残すのがベスト。

 

アンダーヘアーも同様に、入浴時に瞬間的にキレイにするのではなく、常にしっかりケアしていかなければ、当然においの原因に繋がります。

 

ポイントはしっかり保湿をしてとにかく汗の発生を抑えてアンダーヘアまでしっかりケアすることが大切になります。

 

 

>>おすすめのデリケートゾーンケア用品のミネラルボディシャインジェル詳細はコチラ